大三島に移住した某薬剤師の脳みその中

生き物らしく生きたい!と思い大三島へ。毎日が冒険。

2023-01-01から1年間の記事一覧

薬剤師の使い方

よ~~~~~く聞く話として 「薬剤師なんて薬の袋詰めをしているだけ」 というのがあります。 まあ、調剤薬局で働いている実感として、たしかに仕事の1/5ぐらいは袋詰めかもしれない。 そこは認めます。 でも、よく考えたら、そもそも論としてですよ、 「み…

沸々とした感情

たまーに湧き上がる沸々とした感情がどういったものなのか、いまだによく分かっていないのでとても困る。 そもそも、前提として、私は自分の周辺1メートル以内ぐらいの事にしか興味がないし、それより外のことが気になる時は厚い壁に潜望鏡の様なものを突き…

医薬分業ウゼェ論に対する見解

医薬分業ウゼェ論がけっこう出ているので、ちょろっと個人的な見解をひけらかします。異論は大いに認める。 医薬分業のはじまりは神聖ローマ帝国のフリードリヒⅡ世(1194~1250年)が毒殺を怖れて、主治医の処方した薬を別の者にチェックさせたのが始まりと…

医療の近未来、クソ予想

近未来の話。 個々の処方からお薬マニュアルをシステムが瞬時に作って、薬剤師はそれの同意取り係になる未来が見える。 一昔前のケータイ屋みたいに、書類を大量に並べられて、おもくそ早口で説明されて、よく分からんままアレもこれもチェックさせられて、…

ぐーだぐーだの必要性

たぶん、そこまで親しくはない人とメシ食ったりしてぐーだぐーだする時間は人間にとって必要な時間だと思う。 どこ出身なの?とか、今までで何が一番美味しかった?とか、おすすめの映画は?とか、最近何してんの?とか、そういう感じのとりとめもない話を聞…

超運動嫌いと犬

超が付くほど運動が嫌いです。 思い返せば、子供の頃から「身体を動かすと楽しい!」という感覚を味わったことがないように思います。 休み時間にドッジボールをするぐらいなら教室で本を読んでいたいタイプ。 運動会や体育祭の日は毎回学校燃えろとまで思っ…

自分の御機嫌取りの話

自分の御機嫌をとれるようになりたい。 子供は自分の御機嫌とりができません。 楽しいお出かけでもキレ散らかしたり、厳粛な場でも大笑いしたりする。 これは主に高度機能を担う大脳が未発達で、経験や知識の集積が不十分だから、と考えられます。 高齢者も…